ご挨拶 サロン経営の基礎知識 リピート率UP 客単価UP 自社集客力UP

MAMO.LABO主宰 伊藤護の自己紹介

更新日:

お人好しオーナーのためのヘアサロン経営改善術をご覧いただきありがとうございます。

 

 

このブログサイトの運営をしていますサロン経営のパーソナルトレーナー 伊藤護といいます。

 

このページでは初めて私のことを知っていただくあなたのために、私がどういう人間でどういう経歴を持っていて、どういう形であなたのお役に立てる人間なのか自己紹介をしていきます。

 

少し長くなりますが、よかったらご覧になっていってください。

 

伊藤護って何をやっている人?

 

千葉県を拠点に2001年から今日まで美容師をしています

 

 

 

美容師を志したのは「大学」在学中のこと。

独立自尊を旨に、、、したかどうかはさておき。

 

企業に所属することで支えられる人生よりも、自らで未来を切り拓き、切り拓いたその先で大切な人たちを支えられるような人生を歩きたいとかなんとか生意気なことを言いながら、美容専門学校(通信課程)に入学し、見習い美容師として、そのキャリアをスタートさせました。

 

自身のサロンを創業して、経営者としての仕事をするようになったのは今から10年ほど前

 

 

美容師としてはもちろん、またひとつ高いステータスで仕事のできる日々にとても充実感を覚えていました。

 

業況も創業当初から順調。

創業3年スタッフ3名で一席100万円サロンをつくり、法人化。

現在も、少人数運営で適正利益をあげられるサロン運営を追求しています。

 

これから目指す「世界中にお客様のいる美容師」と、「美容師の未来を創造していける経営者」

 

 

自身のサロンでのサロンワークはもちろん、

近年は京都府、東京都内でもお客様をお迎えしてのポップアップサロンワークを実現。

 

これからのサロン経営が美容師にとってはもちろん経営者にとっても

より創造的なものになるよう、ここまで得てきた経験を共有しながら

新たな可能性を創造できるサロン経営をしていきたいと思っています。

 

 

私が得意としている専門分野

 

リピート率向上支援

 

現在のサロン経営において、リピート率向上は経営改善にとって欠くことのできない最重要事項です。

総顧客の80%以上が10年顧客という実績に裏付けられた弊社のカウンセリングノウハウ、次回予約成約率向上へのノウハウ提供などを中心にサポートしています。

 

客単価UP支援

 

客数の増加を望むことが難しいこれからの日本でのサロン経営において、未だなお商慣例として定着してしまっている「10分=1000円」の価値意識を見直し改善していくことは急務と考えています。

この1年で客単価を20%UPさせた実績などを紹介しながら、適正単価で従業員の仕事をサポートできるよう施策提案をしています。

 

自社(自力)集客力向上支援

 

美容業を集客業に「してしまった」近年のサロン経営モデルを反省。

最寄駅から30分かかる立地でも外部集客に依存せず10年運営を実現させた弊社の実績に基づいて、お客様本位、本質に基づいた自社(自力)集客力向上のための施策をご提案しています。

 

チームビルディング支援

 

現在のサロン経営において、人数があるということ、チームでサロンワークに臨めることほど心強いものはありません。

「持続可能な協調性」をキーワードに個人の成長とチームの成長を持続的に実現させる施策をご提案しています。

 

 

クライアントに寄せていただく声

 

「提案内容が具体的で、自分のサロンに持ち帰って行動するまでがスムーズだった」

「何から手をつけて行けばいいのかわからずモヤモヤしていたものが、今回ですっきりした」

「実際に取り組まれた事例を交えてお話を伺えたので説得力がある」

 

業況やサロン規模に経営者としての優劣を見出す必要はなく、クライアントが持たないノウハウを持っているのであれば進んで提供するというのが私の大切にしたいスタンスです。

最終的に大切なことは、クライアントであるあなたに「よし!私もやってみよう(取り組んでみよう)!」

ノウハウに価値があるわけではなく、あなたの起こす行動にこそ「価値」はあります。

成果は行動の先にあり、成果をもたらしてこそ私の仕事は完結するものだと思っています。

 

 

どこで育ってどういう子供だったのか

 

 

 

私は転勤の多い両親のもとに生まれた一人っ子で、出まれたのは、なんと沖縄県(!)。

生まれただけの場所ではあるのですが、今でも大切にしている場所のひとつです。

 

その後も短い期間に転勤を繰り返す両親のもとで、通った小学校はなんとなんと4つ(!!)。

小学校入学からは千葉県で暮らすばかりでしたが、幼年期の転校生経験は、もしかしたら今のお仕事にもいい影響を与えているところがあるかもしれません(人見知りとか一切しないです・笑)。

 

最後の転校になったのが、小学校6年生の夏休み。

卒業を半年後に控えるタイミングで千葉県浦安市への転校でした。

 

それまではどちらかというと、右に倣え、長いものに巻かれろ、学校の先生の言うことは大人しく聞いておこう。オーソドックスかつコンサバな子供時代を過ごしていたのですが、この浦安市との出会いから少しずつ今の私の原点が形成されていくことになります。

 

 

 

私が中学生の時の話です。私が通った中学校は、ご両親、祖父母とも浦安生まれ浦安育ち、いわゆる「地っ子(じっこ)」と呼ばれる子どもたちが多く通う公立中学校。

もともと浦安市は漁師町だった名残があり、少し「とっぽい」子ども(平たくいうと、、、不良ですね・笑)の多い学校で、多感な年頃に加えてそこで過ごした友人との日々から少しずつ少しずつですが、朱に染まれば赤くなる(私の髪の色も???!)そんな事態になっていきました。

 

もうひとつ中学校時代に大きな事件が起きます。

 

それは、、、ある伝説のロックバンドとの出会いでした。

 

放課後の帰り道、やはり学校の規則では禁止されていたウォークマンを友人が私に差し出し、その時聴かせてくれたのが、X JAPAN(当時はXでしたね。)の「紅」という曲でした。

 

「何これ、、、!かっこいい!!!!!」

初めて聴いた瞬間から全身に電気が走るような衝撃を覚えたのを今でも良く覚えています。

 

 

 

ご存知の方もあるかと思いますが、当時は、エキセントリックなメイクに、重力に逆らったヘアスタイル、、、音楽性はもちろんですが、どれをとっても、自分にとっての「かっこいい」への憧れを高めてくれるのには十分すぎるものでした。

 

またそのルックスに負けず劣らずの、ライブでの過激なパフォーマンス。

かと思えば応援してくれるファンのことをとても大切にする姿勢。

ロックミュージックを地で行くスタイルに今の自分の生き方も多分に影響を受けているような気がしています。

 

 

どういう経緯でサロン経営をすることになったのか

 

というよりは、自身の力でゆくゆく開業できる仕事として美容師を選んだこともあり。

サロン経営をする未来は、私にとって必ず手に入れたい!と思っていた目標でした。

 

それでも、勤務時代に育てていただいたオーナーも非常に偉大な方(創業25年で直営20店舗を展開されるオーナーでした)で、その会社を盛り上げる未来にも可能性を感じていた時期があったのですが、いろいろと当時なりの事情の中で変わる社内の風向きというやつもあり、やはり初志貫徹。独立開業を志した次第です。

 

 

サロン経営の中で一番の挫折と、それを乗り越えられた理由

 

創業3年間順調に伸長していく売上の反面、人材の相次ぐ離職に悩まされ、ひとりサロンに陥る事態に見舞われることもありました。

そのたび長時間労働を余儀なくされ、必然大切なスケジュールのために身体を空けられない状況も続きました。

 

 

しかしそんな状況にありながら私自身もまた、一美容師として叶う自己実現に満足してしまう日々で、このままひとりサロンでもいいのではないかと思うところもありましたが、その後も断続的に入ってくるスタッフがあれば受け入れ、入ったと思えば辞めてを繰り返されていく体たらく。

行くがいいのか止まるのがいいのかぐずぐずしている私にとって最終的にきっかけになったのは、長く担当させていただいているお客様からの一言でした。

 

「伊藤さんがこのお店から完全にいなくならない限り、このお店は変わらないよ。」

 

 

 

サロンの収益を上げていく上でオーナー自身が労働力になることは確かに合理的な側面もありますが、やはり「人」を残してこその経営者。

まずは「任せる」ことから始めようと思いスタートしたのが、京都でのポップアップサロンワークでした。

 

そのなかで、私もまたサロンを離れ、経営者が本来学ぶべきこと、なすべき仕事を学ぶ時間を持ちました。

具体的にはこれまで「美容師(従業員)にとっての教育者」として取ってきたスタンスから、「コンサルタント/カウンセラー」としてのスタンスにシフトしていくことで、徐々に従業員たちの業績も改善。現在では私自身月間20日前後のサロンワークになっていますが、業績は維持。今後のスタッフの業績改善を楽しみに運営に当たっている日々です。

 

 

MAMO.LABO を通して果たしたいと思っている使命

 

私たち美容師ならびにサロン経営者は、(家業継承など一部の事情を除けば)ほぼ皆が「望んで」そのステータスを得てきた人たちばかりだと思います。

 

とはいえ、事業である限り課題はつきもので、時流変われば左右される業績もあり、頭を抱えるような場面、立ち尽くすような場面、撤退する他ないかもしれないという場面もまた経験をするものです。

くわえて近い将来、日本はこれまでの歴史上誰も経験したことのない人口減少社会に突入していきます。

人ありきなビジネスで成立させている美容業にとっても大変大きな試練、ビジネスモデルの転換期にさしかかっていきます。

 

 

 

 

今サロンオーナーであるあなたが「望んで」得たステータスが将来にわたってもなお、あなたに幸せをもたらすものになるようお役に立つことができればうれしいですし、それを通してより多くの美容師が「望んで」得た美容師というステータスに自己実現を感じられる未来をつくれるようにすること、それを私の使命としてこれからの取り組みに反映していきたいと思っています。

 

 

 

最後まで読んでいただいて嬉しいです!素晴らしいです(笑!

 

「伊藤に会ってみたい!」「わたしの相談に乗ってもらいたい!」と思っていただけたあなたからのオファーをお待ちしております!

 

 

 

個別相談の窓口としてLINEアカウント公開しています

 

友だち追加

今日取り上げたテーマに限らず、あなたのサロンの課題や運営のお悩みに、個別でコミュニケーションを図る窓口としてLINE アカウントを公開しています。

 

登録者限定の3つの特典

☑️ 業況改善にお役立ていただける 無料コンテンツ を差し上げています

☑️ 業況改善にお役立ていただける サロン経営改善のお役立ち情報 を定期配信しています

☑️ あなたの課題が明確にできるよう 個別相談 の機会を優先進呈しています

 

ぜひお気軽にお声掛けください。

 

 

ではまた!

 

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

MAMO.LABO 小さな美容室のためのミニマル経営術

[ BLOG ] https://mamolabo.com

[ FACEBOOK ] https://facebook.com/mamolabo2009

 

-ご挨拶, サロン経営の基礎知識, リピート率UP, 客単価UP, 自社集客力UP

Copyright© 小さな美容室のためのミニマル経営術 , 2020 All Rights Reserved.