自社集客力UP

すぐ見直せる!印象に残るブログ記事での呼びかけ方

更新日:

小さな美容室のためのミニマル経営術をご覧いただきありがとうございます。

このブログサイトの運営をしていますサロン経営のパーソナルトレーナー 伊藤護といいます。

 

サロン経営のパーソナルトレーナー伊藤護の自己紹介

 

このブログでは、サロン経営改善のために集客力を改善していこうと考えているあなたに、ブログ記事での呼びかけ方について解説していきます。

 

 

ヒントはサロンワークにもあり。

 

 

たとえばサロンのなかでのお客様への呼びかけ。

 

 

 

 

 

A. 「お客様の場合、毛先が少し乾燥しやすいので」

B. 「伊藤様の場合、毛先が少し乾燥しやすいので」

C. 「護さんの場合、毛先が少し乾燥しやすいので」

 

順を追って親密度と、自分に向かって言葉を話してくれる印象づけの度合いが高まります。

 

 

これ、実はブログでも同じなんです。

 

 

 

 

 

書いている(施術を提供している)あなたと、

 

読んでいる(施術を受けている)見込客。

 

そんな視点で、あなたのサロンブログを見直してみましょう。

 

 

 

「みなさん」は、「わたし含む大勢」。「あなた」は、「わたしだけ」。

 

 

この記事も含めて、全てのブログは不特定多数の方の目に触れるものです。

 

 

 

 

ですから、書き手である私は、不特定多数のみなさんに向けて記事を書いていることになります。

 

 

一方で、今この記事を読んでくださっているあなたは、不特定多数の方たちと一緒になってスマホ(PC)の画面からこの記事を読んでいるかといわれれば、そんなことはないはずです。

 

 

、、、もうお分かりでしょうか。

 

 

得てして書き手に回る側は読み手に対して、

 

「(読んでくれている)皆さん」と呼びかけてしまいがちですが、

 

実際に読んでいる見込客は、「ひとり」しかいない、ということ。

 

 

 

 

 

読み手の立場から、先ほどのサロンワークの例になぞらえて言えば、

 

「皆さん」は、A. 「お客様の場合、毛先が少し乾燥しやすいので」と同じ。

 

自分のことを指して言われているのか分かるような分からないような。

 

 

一方、

 

「あなた」は、B. 「伊藤様の場合、毛先が少し乾燥しやすいので」と同じ。

 

明らかに自分のことを指して言われている印象を受けます。

 

 

 

どちらが自分のために書かれている記事として印象を強く持つでしょうか。

 

 

個別相談の窓口としてLINEアカウント公開しています

 

友だち追加

今日取り上げたテーマに限らず、あなたのサロンの課題や運営のお悩みに、個別でコミュニケーションを図る窓口としてLINE アカウントを公開しています。

 

登録者限定の3つの特典

☑️ 業況改善にお役立ていただける 無料コンテンツ を差し上げています

☑️ 業況改善にお役立ていただける サロン経営改善のお役立ち情報 を定期配信しています

☑️ あなたの課題が明確にできるよう 個別相談 の機会を優先進呈しています

 

ぜひお気軽にお声掛けください。

 

 

ではまた!

 

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

MAMO.LABO 小さな美容室のためのミニマル経営術

[ BLOG ] https://mamolabo.com

[ FACEBOOK ] https://facebook.com/mamolabo2009

-自社集客力UP

Copyright© 小さな美容室のためのミニマル経営術 , 2020 All Rights Reserved.