客単価UP

ヘアサロンの高額メニュー設計、まずは「4%」の設定から!

更新日:

お人好しオーナーのためのヘアサロン経営改善術をご覧いただきありがとうございます。

このブログサイトの運営をしていますサロン経営のパーソナルトレーナー 伊藤護といいます。

 

サロン経営のパーソナルトレーナー伊藤護の自己紹介

 

このブログでは、サロン経営改善のために客単価を改善していこうと考えているあなたに、ヘアサロンにおける高額メニュー設計の最初のステップについて解説していきます。

 

 

価値観を、壊してみましょう。

 

 

一般的な水準で言えば、ひとりの女性が1年間で利用するヘアサロン累計金額というのは7〜10万円前後(15000円*年間6回)といったところでしょうか。

 

 

 

ここでいう高額メニューの、「高額」がさすところは、その3倍。

 

 

 

 

年間30万円をひとつの目安にして話を進めていきます。

 

 

 

顧客の2割がそのサロンの8割の売り上げを担っているという、パレートの法則はご存知でしょうか。

 

今回紹介する高額メニューについても、最初から全員の顧客をターゲットにする必要はありません。

 

まず、どの層の顧客に対して打ち出していくメニューを設計するのかを考えていきましょう。

 

 

2割 of 2割

 

 

先ほどのパレートの法則に倣うなら、サロン売上の8割を担っている2割の顧客様のなかにも、この最高額メニューを受け取る顧客様が2割はいらっしゃることになります。

 

 

メモ

現状

総顧客 800名 ▷ 2割の上位顧客 160名

最高額メニューのオファー

2割の上位顧客 160名 ▷ 2割の最上位顧客 32名

 

 

といったイメージです。

 

 

 

現存しないメニューを設計していく上で大切なことは、

 

既成の価値観を排除することと、

 

「誰に喜んでもらいたいか」をはっきりさせることです。

 

 

 

 

 

 

最初から「そんなの無理に決まっている」と投げ出すのではなく、

 

あなたのサロンの「32名」をはっきりとさせてみること。

 

まずは行動してみることをお勧めします。

 

 

まとめ

 

ポイント

平均的なおひとり様の年間利用額の3倍の値段をつけてみる

あなたのサロンの顧客層を利用金額と合わせて分析してみる

総顧客の2割 of 2割(つまり4%)を知る

 

 

個別相談の窓口としてLINEアカウント公開しています

 

友だち追加

今日取り上げたテーマに限らず、あなたのサロンの課題や運営のお悩みに、個別でコミュニケーションを図る窓口としてLINE アカウントを公開しています。

 

登録者限定の3つの特典

☑️ 業況改善にお役立ていただける 無料コンテンツ を差し上げています

☑️ 業況改善にお役立ていただける サロン経営改善のお役立ち情報 を定期配信しています

☑️ あなたの課題が明確にできるよう 個別相談 の機会を優先進呈しています

 

ぜひお気軽にお声掛けください。

 

 

ではまた!

 

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

MAMO.LABO 小さな美容室のためのミニマル経営術

[ BLOG ] https://mamolabo.com

[ FACEBOOK ] https://facebook.com/mamolabo2009

 

-客単価UP

Copyright© 小さな美容室のためのミニマル経営術 , 2020 All Rights Reserved.